「男ってこういう生き物なんです」女にわかって欲しい男の習性・7項目

このエントリーをはてなブックマークに追加

「オタク脳だから仕方ない」とあきらめてあげましょう
Photo by Thinkstock/Getty Images

[拡大写真]

女性には面と向かって言えない男の本音がある。
「男はこういうものだ!」とわかって欲しいことはたくさんあれど、そもそも女性にそれをいちいち説明するのが面倒臭いし、突っ込まれでもしたらかえって厄介なことになる。やぶへびにならないためにも今回はそんな男の気持ちを代弁しよう。

■1.男はひとりになりたい時がある
「どこに行ってたの?」「なにしてたの?」などといちいち聞かれるのは正直ウザい。男にはひとりになる時間が必要で、じっくりと心を落ち着かせられる場所が欲しいのだ。男というのは誰にも邪魔されない自分だけの内緒の場所が好き。子どもの頃だって秘密基地を作ったり、空き地のドラム缶に入ったり……そのノリなのか、大人になると隠れ家や自分だけの空間を作りたがる。

それは自分の愛車の中かもしれないし人気のない海辺かもしれないし、行きつけの飲み屋やなじみの店かもしれない。カウンターバーなら文句なしにカッコいい。……が、そうでなくても赤ちょうちんでも屋台のおでん屋でも構わない。店に入って「いつものやつね~」と一言いえば何かでてくるって寸法。

店主に顔を覚えてもらい認められればそれで「俺の隠れ家」となるのだ。「男は黙って酒を飲む」とはよくいったもので、男は何かあったりストレスがたまったりすると、現実から逃れるためにとにかくひとりになりたがる。女性は誰かに話し、ぶちまけることで解放感を得るが、男は人と関わらず、シャットダウンすることで解放感を得る。
関連キーワード

ライター情報

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト
大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

URL:神崎桃子オフィシャルサイト

2014年6月10日 07時00分

注目の商品