マツコ・デラックスが一刀両断! 女の不倫の解決策とは

ライター情報:平原学

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真はアマゾンより『続あまから人生相談』(マツコ・デラックス/ぶんか社)

[拡大写真]

"自分の欲のことしか考えてない未熟な女ね。"

"落ち込んでないで、努力しなさい!"

テレビで見るようなマツコさんの毒舌が爽快すぎる。『続あまから人生相談』(マツコ・デラックス/ぶんか社)は、2011~2015年まで、レディースコミックで連載された人生相談コーナーの記事をまとめた一冊だ。

ぜんぶで55個も収録されている女性たちの悩みの数々。中でも特にヘビー級の不倫問題について、マツコさんらしい毒舌の回答を紹介していこう。

再婚を迫る不倫相手と、結婚を引き延ばす彼氏…どちらを選ぶべき?


まずは兵庫県・桃栗三年さん(29歳)の悩み。彼女にはサポートが必要な父親がおり、それが気にいらない彼から結婚を引き延ばしにされているそう。一方で、会社の上司とも不倫の交際中。性格は合わないが、父の面倒も見てやると、奥さんと別れて一緒になることを迫ってきていて――。

これに対するマツコさんの回答は、どちらを選ぶかというものではなかった。

"不倫相手にも彼氏にもいいように使われてませんか? 自分の置かれた状況をもう少し客観的にごらんなさい!"

二つの選択肢の中で揺れてしまえば、人はわりとその選択肢以外のものが見えなくなってしまうもの。今回のようにどちらにもマイナスの要素がある場合、「どちらを選ぶ方が得か」と考えるのは、単に選択肢のふたりに振り回されているだけである。

マツコさんが特に気にしたのは「サポートが必要な父親」の一文。

ライター情報

平原学

1985年佐賀県生まれ。作家・ライター・小説家。妻から「私より女子力高い」と言われているのが悩みの種。著書に『ゴオルデンフィッシュ』(文芸社)がある

URL:『ゴオルデンフィッシュ』

2015年9月3日 17時00分

注目の商品