行為の最中に「萎えてしまった時」の男の本音4選

このエントリーをはてなブックマークに追加

35歳を過ぎたら、エッチに介護の要素が加わってくることもある

[拡大写真]

若い男子でも、お酒を飲みすぎると、あの行為の最中に萎えてくることがあると言われています。
アルコールを飲んで、あの行為をすると、興奮ホルモンがダダ漏れになり、それを抑えるホルモンが自動的に出てくるので萎えるらしいのですが、萎えたとき、男子はなにを考えているのか?
さっそく証言をば。

1:男として生きてゆく自信がなくなった


「エッチの途中で萎えてきたら、男として生きてゆく自信をなくします。もう死にたいくらいの気持ちです」(35歳・イベント制作)
筋トレせな! マカを飲まな! すっぽん、さばいて食べな!

2:「……」


「なにをすれば復活するのか(ふたたび勃起するのか)、瞬時にいっぱい考えます。萎えてきたら当然抜けるわけですが、抜けたものを素股的に彼女のアソコにこすってみたり、乳首を舐めてもらったり、いろいろなことを短時間でやって、再び挿入せな! と、まあ、無言で超焦っているわけですが」(29歳・建築)
わりとリアルな証言ではないかと思います。
たとえ行為の最中に彼のが萎えたとしても、ここまで頭をフル回転させて、彼女を満足させなくっちゃと思っている彼……こういう彼をお持ちの彼女はしあわせかもしれません。

3:おれのことを嫌いにならないで!


「萎えてしまったら、とにかく彼女に嫌われたくない! と思います。でも、どうやったら再び勃起するのか、じぶんでもよくわからないので、『ちょっと休憩』と言って、適当に休んでいますが、もう、ふたたび勃起するまで、彼女に嫌われないか、気が気ではありません」(28歳・広告)
行為の最中に中折れする男ってヘタレ……こういう女子のご意見がネット上にあるからか、途中で萎えた男子で「おれのことを嫌いにならないで!」と思うひとって、多いのかもしれないですね。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

2015年10月4日 19時00分

注目の商品