5年後も10年後もずっとラブラブでいるカップルの共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手への恩や感謝を忘れず、仲の良いカップルになって

[拡大写真]

これを言ってはオシマイという感じですが、いつまでも仲の良いカップルでいるためには、まず相手選びが何より肝心です。
では、どんな相手を選べばいいのでしょう?

それぞれの性格によって合う・合わないもあると思いますが、よく長続きしているカップルを観察していると、「受けた恩は返す」という考えを持っている人同士であると仲が良く絆も強いように感じます。
恋愛も結婚も、いい関係を作るために「お互いが」努力しないと始まりませんから。
片方だけが努力していたり、努力の方向性が互いに違いすぎたりすると(違っていても、感謝しあえるならOKですが)、いい関係になりにくいんですよね。
なので、お互いに「恩」を感じあいながら手を取って付き合っていけるカップルというのが理想の形でもあるんです。

ずっとラブラブでいるには、馴れ合いになった時の振る舞いが大切!


さて、相手選びがうまくいっていたとして、では、ずっとラブラブでいられる関係を作っていくにはどんなことが大事なのでしょうか?

それは上述の内容とも少しかぶってきますが、一言で言うと『感謝』がキーワードになってきます。

付き合いが長くなってくると(2年以上は長いとします)良くも悪くも馴れ合いになってしまい、相手に対して……
「何もこんな言い方しなくてもいいじゃない!」とか「そんなこと聞きたくない!」など、相手のちょっとした一言に過剰に反応してしまうこともあるでしょう。

もっと優しい言葉が欲しかったり……もっと自分の方を見ていて欲しいと思ったり……。

ライター情報

橘つぐみ

つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

URL:つぐみ恋愛相談所

2015年10月10日 22時00分

注目の商品