優しさに甘えては危険 年上彼氏が別れを決意した時のサイン3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サインを決して見逃さず、彼からの別れを回避してほしい

[拡大写真]

年上彼氏と付き合ったことがある、あるいは現在進行形で年上の男性と付き合っている女性は、心のどこかにこんなうぬぼれを隠し持っていないだろうか?

「なんだかんだ言って、彼、こんな若い私と付き合えているんだもん。結局、男は若い方が好きなんだし、フラれることなんてないよね!」

――「振るなら私から!」そんなふうに思い込んでしまうのが「年上男性との恋愛」の怖さであるが、むろんこの思い込みは真実ではない。
年上の男だって若い女に嫌気が差すこともある……ただ、長年の経験ゆえ“別れのサイン”をあまり表に出しにくいだけなのだ。

今回の記事では「40代男性が発する“彼女と別れたいサイン”」についてリサーチしてみた。年上彼氏年と恋愛をしている女性はぜひチェックしてみて欲しい。

1.「ただ微笑で返される」


・「46歳の彼氏が最近ぜんぜん会ってくれなくなったので問い詰めたら、返事はなく、ただ微笑で返された……。穏やかなんだけど、『テコでも返事しないぞ』みたいな頑固さも漂わせてて……。それがムカついて『もういいよ、別れてやるッ!』って結局私の方から別れを切り出すハメに……。その後すぐ、彼は落ち着いた美人の同世代女性と付き合い出したらしい。もしかして私と別れたかった彼の策にハマッちゃったの?」(20代・飲食店勤務)

――男性も40代ともなれば「なんで?どうして?」という女のややヒステリックな問いや面倒な質問に、ただ「微笑でかわす」という術を身につけていることが多い。

ライター情報

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト
大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

URL:神崎桃子オフィシャルサイト

2015年10月13日 08時00分

注目の商品