一途? 重い? 女子がやりがちな彼氏の家でのマーキング行動【漫画】

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、80年代の恋愛ドラマの再放送を見ました。男女7人の群像劇です。

今とは恋愛模様もだいぶ違うな〜と思いながら見ていたのですが、ヒロイン(および脇役女子)が「狙っている男性の家に押しかけて、料理を作る」というシーンが何度か出てきてビックリ。まだつきあってもいない段階で、です。当時も「すごいなぁ……」と感じましたが、今あらためて見ると違和感もひとしお。さらに驚いたのが、もう恋人関係が破綻した相手の家に入り込んで、料理をしていたことです。「あなたとは別れない」という意思表示のために。ドラマ用に誇張も入っていたのでしょうが、男性の部屋がまるで女性の戦場であるかのように描かれていました。今の草食系男子にこんなことしたら、ドン引きされそうです。

つきあう前後、微妙な段階の人との距離の取り方は難しいですよね。彼の領域に入り込むときは、さらに気を使います。恋愛でいちばん緊張する場面と言っても、過言ではないかも……。男性でも全面的にウェルカムな人もいれば、「大事な物やコレクションには極力触られたくない」なんて人もいるし。昔に比べて各々が個人主義化してきている現代では、前述のドラマのような「一方的な気の利く女アピール」は、とてもリスキーです。

つきあいはじめは、いきなりキッチンで料理したら図々しいと思われないか、いつくらいから相手の家に私物を置くのが妥当か、相手の趣味にどこまで口をはさむべきか、勝手に部屋のものを触ったらきっとイヤだろう、等々、いろいろ考えます。

ライター情報

アオノミサコ

イラストレーター/漫画家。美容から神事、ディープスポット巡り等の漫画やコラムを執筆。著書『わがままセラピー入門』(KADOKAWA)

URL:aonomisako.com

2015年11月14日 16時00分

注目の商品