けんかの原因は完璧の求めすぎ? カップル間のけんかを減らす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

工夫しながら、大好きな彼とけんかをしなくて済むよう心がけていきましょう。

[拡大写真]

恋人とのけんかは「できるなら、したくない」のが本音ですよね。大事な人だからこそぶつかってしまうこともあるし、「けんかするほど仲がいい」と言われることもありますが、けんかの頻発で消耗し、ダメになってしまう関係もあるので、感情の赴くままに言い争いをしがちな人は要注意。本日は、恋人とけんかを減らすためのひとつのヒントをご紹介します。

「心の要求水準」が高いから、けんかになる!?


歌人・斎藤茂吉の息子であり、精神科医の斎藤茂太さん(満90歳没、通称“モタさん”)は生前、「若い頃は夫婦げんかを派手にやったけど、今はほとんどしない。心の要求水準をだんだん落としているからけんかにならなくなった」などと著書で述べています。奥様への要求水準が落ちてきたのは「生活の知恵」とも語るモタさんですが(笑)、「若い頃は、やはりお互いに相手に100%を要求していたからけんかになったのだろう」と振り返っています。

曰く、「夫の方は、心の中で完全な自分の理想とするような妻を要求していて、妻の方も理想的な夫を心の中で思い描いているから、不満が起こる。でも実際には100%の妻も夫もいない」と。そんなモタさんの奥さんは、バースデーカードに自ら「40%の妻より」なんてスパイスの効いたメッセージを書いて渡してきたそうで、モタさんは「一本とられた」と思った……なんて微笑ましい思い出も披露しています。(参照:「女のはないき 男のためいき」 斎藤茂太著 第三文明社)

客観的に見ても、奥さんのこの姿勢はカップル円満のために効果的。
関連キーワード

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

2015年11月17日 09時30分

注目の商品