交際が長続きしない人の傾向って? 短命恋愛から卒業するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後は「この人なら」としっかり納得できる場合にだけ交際を始めてみては

[拡大写真]

発言小町に、「恋愛を長続きさせる為には?」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは29歳女性。今まで5人ほどの男性と交際してきましたが、関係が長く続かないことに悩んでいます。最近も2カ月で別れてしまい、「ここまで来ると、自分に何か大きな欠陥があるのだろう」と猛省の日々。「付き合いたいと思わせることはできても、付き合ってみると面白みがないと思われるタイプなのでは……」と自己分析しています。「長続きさせるために、皆さんはどんなことに気をつけていますか?」と問いかけました。

主体性がなさすぎて、退屈してしまうのかも


投稿によれば、これまでの恋愛ではふられたことも、自分からお別れしたこともあるとのこと。ふられたときは、すべて「他に好きな人ができた」という理由を告げられたそうです。別れ際に「私に何か悪かったところがあったのか」と聞いても、元彼たちは「特にない」と答えたといいます。

長続きしないのは、「恋人がいても、すぐ他に好きな人ができるような“熱しやすく冷めやすい”男性」ばかりと付き合っているから――という理由も考えられますが、5回も同じような恋愛が続いたことで、「自分のほうにも原因があるのでは?」と悩んでしまうお気持ちもよくわかります。

一般的に、長続きしない交際を繰り返す人には、以下のような傾向があるように思います。
<1>主体性がなく、意思を感じられない態度が多い
<2>交際が始まると、恋愛にのめり込んでしまい、“彼一色”になってしまう
<3>「愛されていない」と感じると、不安定・ヒステリーになってしまう

まずは<1>から。

ライター情報

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

URL:Twitter@yuhira_tw

2015年12月15日 08時30分

注目の商品