看護師はエロい? 男子が抱く「女子の職業」に対するユニークな妄想4選

2016年1月3日 16時00分

ライター情報:ひとみしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふつうのOLをしていた女子が、何年かしてさっと退職して海外に行き、ダンサーとして海外ではたらいている……こんな突飛な人生を歩む人だっているにもかかわらず、男子は「こういう業種の女子は○○だ」というように、女子の職業に対する分かりやすい妄想を抱えていたりします。
一般的な傾向としては、男子は女子ほど恋愛のことを考えられないので、恋愛に分かりやすさを求めるがゆえに、「○○という職業の女子は××だ」というふうに安直に考えるのかもしれません。
今回は、女子の職業に対する男子の妄想をご紹介しましょう!

1.コールセンターの女子=○○したらすぐ落ちそう


「コールセンターで毎日、お客さんのクレームの電話対応をしている女子って、話を聞いてあげたらソッコーで落ちるように思います」(25歳・自動車販売)
極めて無難な一般論ですかね。
仕事でいつも話を聞いている役回りの人は、プライベートでは話を聞いてもらいたがっていると。無難すぎてツマラナイですかね。では、次はちょっとエッチな証言をどうぞ。

2.キャバ嬢=すぐヤれそう


「キャバ嬢って、すぐヤれそう!」(27歳・IT)
キャバ嬢って、基本的には「いかにヤらせないか」を考えているように、取材を通して感じます。
さらに言えば「自分がなにをしたいか分からない」から、キャバクラでバイト「でも」と考えている女子のほうが、比率として多いのではないかとも思います。
自分がなにをしたいのか分からないと悩んでいる女子を口説くのは、ある意味ではすごく大変でしょうし、ある意味ではすごく楽でしょうから、「キャバ嬢=すぐヤれそう」は、当たらずも遠からずかもしれません。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

注目の商品