バックのとき男子が困っているあれこれ

2016年1月11日 19時00分

ライター情報:ひとみしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
お尻はおっぱいより、いろんなものが集まっています。
おっぱいにあるのは、その膨らみと乳首だけですが、お尻には、その膨らみもあれば、芸術的な割れ目もあれば、アナルもあれば性器もあります。
なんと男子が見たいものが4つも集まっています。
だから男子は、バックが大好きなんです……というのは、いま、著者が勝手にでっちあげた話なので忘れてください。
さて今回は「後背位(バック)のとき男子が困っているあれこれ」に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.どこを掴むといいのだろう?


「バックのとき、彼女の腰を掴むといいのか、お尻を掴むといいのか、どこも掴まないほうがいいのか、困っています。どこを掴むと、彼女が満足するのだろうかと」(25歳・飲食)
お尻をグイッと鷲掴みにしてバックでパンパンやると「荒っぽい男」に思われてしまうし、でも荒っぽいエッチのほうが彼女は好きかもしれないし……さてどうしたものか? ということのようです。
さっさと彼女に好みのエッチのパターンを聞けばいいじゃん! とお思いの読者賢者は賢い!

2.おっぱいが遠い


「バックのときに、すごく困っていることは『おっぱいが遠い』ということです。ケツフェチ兼おっぱいフェチのぼくは、なにかと困るんです」(28歳・IT)
バックのとき、無理に腕を伸ばしておっぱいを触ると、以下のようなことになりがちかもしれません。

3.すぐ抜けちゃう


「すぐ抜けちゃうんですよねえ」(24歳・商社)
ありがちなことでしょうか? でも、すぐ抜けるのは、まだ「いいほう」かもしれません。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

注目の商品