男子が「本気で好きな女子には恥ずかしくて頼めない」エッチなこと4選

2016年1月31日 22時00分

ライター情報:ひとみしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

男女ともに言えることですが、あれが恥ずかしい、これも恥ずかしいというかんじで、ちょっとずつ相手に(自分に)遠慮しつつエッチしていたのでは、ほかの人にパートナーを奪われかねない

[拡大写真]

どんなに本気で愛しあっていても、エッチなことに関するみずからの願望を、相手に素直に伝えることって、むずかしかったりしますよね。
カップルでお互いにエロさが同等ということであれば、めくるめくステキなエロいひとときを過ごすことができるはずですが、カップルでお互いの「エロ度合い」がちがっていれば、ちょっと困りますよね。
今回は、男子が「本気で好きな女子には恥ずかしくてできない」エッチなことに迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.アナルを……


「ぼくはアナルがすごく感じるんですが、本気で好きな彼女に『アナルを!』と言うのは恥ずかしくて……」(27歳・IT)
男子ってアナルが性感帯だから、その手のお店があります。女子のほうから、しれっと触ってあげてはいかがでしょうか。

2.唾液を……


「AVで観た唾液の交換ごっこ。あれ、最高にステキなシーンですが、彼女に『唾液、ちょうだい』とは、恥ずかしくて言えないです」(28歳・通信)
唾液の交換ごっこなんて、ふつうにやっている、というカップルだっているはずですが……なにが恥ずかしいのか、という基準って、人それぞれですもんね。

3.「乳首舐めて」が言えなくて


「乳首を舐めてと言うと、なんだか女々しい男に思われそうで、気恥ずかしくて言えないです」(27歳・飲食)
男子って、どういうわけか、乳首が性感帯ですと言えない人がいるんですよねえ……。

4.「おれ、四つん這いになるからさ」が言えない


「ぼくが四つん這いになって、彼女に後ろから竿をしごいてもらいたいんですが『おれ、四つん這いになるからさ』が、もう恥ずかしくて言えません」(26歳・広告)
女子で、いざエッチとなれば、自分からさっさと四つん這いになる人もいるそうですが、そういう男前な女子の爪の垢を煎じて飲ませてあげたいですよね。

ライター情報

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本抱える

URL:facebook

注目の商品