ちょっとした行動が分かれ目! 彼のかけがえのない存在になる方法

2016年3月1日 10時00分

ライター情報:鈴木ナナ/studio woofoo

このエントリーをはてなブックマークに追加

褒めるということが大事

[拡大写真]

誰にでもひとつやふたつ、夢を持っていると思います。たとえばあなたの夢を叶えてくれる人、そのお手伝いをしてくれる人がいたら、あなたはその人にどんな印象を持つでしょうか? 少なくともネガティブな感情は湧かないはず。
この心理作用を利用すれば、意中の彼のかけがえのない存在になれるかもしれません。

ミケランジェロ現象とは?


「彫刻は石を彫り出してつくるのではなく、石の中にもともと眠っている」という彫刻家・ミケランジェロの思想があります。パートナーの夢や理想が、石の中に眠っている「彫刻」。それを掘り出す手伝いをするわけです。サポートをしたあなたは、パートナーのなくてはならない存在になれるでしょう。
あくまでも彼の願いを叶える手伝いをするのであって、あなた好みの彼に変えることではありません。そこを注意してくださいね。勝手に石を掘り出してはいけませんよ。

日常のちょっとしたことにも適応できる


彼の壮大な夢のお手伝いができればそれはいいことですが、もっと日常的なことでかまいません。彼が「なりたいな」と思っていることを探し出すことから始めましょう。例えばテレビを見ていて、「料理上手な男子になりたいな」とポロッとこぼしたらチャンス。あなたが料理を教えてあげればいいのです。教えてあげる、という印象はなるべく与えないことがコツ。その上で「今度、カレー作ろうと思うんだけど手伝ってくれないかな」と頼んでみましょう。
「字が上手になりたい」というなら、「こうすれば上手に見えるよ」とコツを教える、「歌がうまくなりたい」というなら、うまく聞こえるコツを教えたり「この曲は歌いやすいって、誰かが言ってた」と曲選びのアドバイスを。
関連キーワード

ライター情報

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

URL:twitter@balinana

注目の商品