彼から「距離を置きたい」と言われた時の正解行動3つ

2016年3月19日 18時00分

ライター情報:橘つぐみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

別れ話を切り出されてつらいからといって、先のことばかり考えると失敗してしまうことも

[拡大写真]

付き合っている彼(彼女)から、突然別れを告げられたり、そこまではいかなくても「距離を置きたい」と言われた場合、普通は心が砕けそうなると思います。

「嫌だ~!」と、じたばたしてみたり「理由を教えてほしい」と、問いただしたくなったり、相手にいろいろ聞きたくなりますよね。当然のことだと思います。

ですが、5200件を超える恋愛相談を行ってきた筆者からすると、距離を置きたいと言われた時にすることは、ただ1つなのです。

とりあえずYESと言う


「わかった。寂しいけれど……」とだけ言って、あとは何も聞かないのが一番いいでしょう。
この段階で理由を聞く女性もいますが、あまりオススメはできません。
男性にとって「自分の気持ちを聞かれる」という行為は、女性にそのつもりがなくても、なんだか尋問されているような気持ちになる場合が多いのです。
今後、少しでも復縁を望むのなら、ここは外してはいけません。もし、追いすがってしまった場合は、とにかく彼に何も連絡をしないようにしましょう。

肯定も否定もせずにそっとする


「別れよう」「距離を置こう」と言ってきた場合、彼には「他にもっといい人がいる」という、根拠のない自信にあふれていることほとんどです。
しかし、そう思っていても、意外とその自信は打ち砕かれることが多いもの。別れを切り出した時は「すぐに他の相手が見つかるさ」と思っていても、現在の彼女よりいい人というのはそれほど簡単に見つからないことが多いからです。

ライター情報

橘つぐみ

つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

URL:つぐみ恋愛相談所

注目の商品