彼女がいてもやっぱりモテたいの? 彼女以外の女に言い寄られた時の男の本音

2016年3月28日 06時00分

ライター情報:神崎桃子

このエントリーをはてなブックマークに追加
周囲を見渡せば男は山の数ほどいるけれど“女の方から好きになるような男性”は案外限られていたりする。この世に存在する“いい男たち”というものは自分以外の目ざといメスたちにしっかり捕獲されており、もはや既婚者かすでに彼女持ち……と考えたほうが早いのかもしれない。

けれど相手が既婚者ならばともかく、カノジョがいるくらいでたやすく恋を諦めては女がすたるというもの。
気になる男性に彼女がいたとき、戦わずして諦めるのが正解なのか?それともしつこく言い寄るべきなのか?
今日はそれを「彼女もちの男目線」でみてみよう。

1.諦めて欲しい派……「やっぱウザい!」


・「言い寄られたら嬉しくないこともないんだけど、付き合ってる彼女がいるってわかってるのにアタックしてこられると正直『ハァ?』って思う。“俺ってそんな軽い男だと思われてるのかなあ”とも取れる。告られたなんてことが彼女の耳に入って彼女との関係がヘンにこじれるのもやだし……悪いけど諦めてほしい」(20代・専門職)

・「正直、セフレなら歓迎です(笑)。でも『今カノと別れて私と付き合って!』っていうのはかなり図々しいでしょ。彼女がいるの知ってて誘ってくる場合はその女性のことをちょっと軽く見ちゃう部分もあるかも……。あくまで自分の場合はね」(30代・飲料関連)

……「正直、迷惑。遠慮して欲しい!」という意見の代表例がこちら。「いまの彼女とうまくいってるし愛してるから割り込まないでほしい」というマジメな声の他、「今カノとトラブルになるのがめんどくさい」など男性側の身にふりかかる厄介事を避けたい感想が目立った。

ライター情報

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト
大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

URL:神崎桃子オフィシャルサイト

注目の商品