ちょいちょい元彼の話を挟んでくる女子の特徴4パターン

2016年3月30日 06時00分

ライター情報:五百田達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
女友達の惚気話にうんざりしてしまう、というのは多くの女性が日頃感じているストレスの一つかもしれません。

ただ一方で、楽しいことがあったとき、嬉しいことがあったときに、幸せな気持ちを友人に聞いてほしい、と思う彼女たちの気持ちは理解できなくもありません。たまに聞く分には、ほほえましいなと受け入れてあげてもいいでしょう。ただ、最近気になるのが、彼氏ではなく、元彼の話をする人たちです。

「そういえば元彼も……」
「あ、それ元彼が同じものを持ってた!」

友達同士の会話を楽しんでいるのに、こんなふうに話の内容を何でも元彼の話に持っていってしまう人たちがいます。聞いた方は、突っ込みづらいというか、一瞬会話が止まるというか。

元彼とよりを戻したいといった相談事ならともかく、なぜ別れた後にまでこんなことを話すのでしょうか。そうした女性たちを見ていくと4つのパターンに分けられます。

1.無意識タイプ


これは「吹っ切れた」と強がっているものの、実は未だに元彼のことを引きずっているタイプです。彼女たちはまだ付き合っていた頃、彼氏のことが大好きだった傾向が強い。当時も大抵彼氏のことを常に考え、常に彼氏の話をしていたはずです。こうしたタイプは、別れた後もその思考回路が続いてしまっているのです。

2.恋愛自慢大好きタイプ


これはとにかく自分が常にモテモテであることをアピールしたいタイプです。いつも恋愛の話が尽きないのに、今はなぜか何も出会いがない……自慢できることがない……そんな彼女たちにとって、話せることといったらもはや元彼のことしかないので、しかたなく惰性のように元彼の話をしてしまう、というわけです。

ライター情報

五百田達成

作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

URL:http://www.iotatatsunari.com/

注目の商品