0

ANAケータリングサービス、外販事業を展開--機内食のノウハウ生かし

2016年9月21日 12時44分 (2016年9月21日 15時50分 更新)
ANAグループで機内食の企画・製造や機内サービス用品の航空機への搭降載業務などを担うANAケータリングサービスは、10月より機内食で培ったノウハウを生かし、新たに外販(BtoC)事業ブランド「ANAのおいしいコレクション」を立ち上げる。

「ANAのおいしいコレクション」は、機内食を手がけるシェフが創りだす料理を、機内だけではなく、多くの人々に楽しんもらえるオリジナル商品。第1弾として、「ANAショッピング A-style」ウェブサイトにて、10月上旬より「謹製おせち三段重」(2万3,500円)、10月下旬より「おいしいスープセット」(9個入り5,000円/20個入り1万円)を販売する。

今後も、商品の品質・おいしさ・地域の食材等にこだわり、同社シェフが趣向を凝らした商品を開発し、毎年4品目程度を展開していく。販売個所は、カタログギフトの通信販売やANAの空港売店「ANA FESTA」等、順次拡大していく。

謹製おせち三段重は伝統的なおせち料理をベースに、機内食で提供している自慢の味と多彩な料理を織り交ぜ、寿膳にふさわしい逸品に仕上げた。小鯛ひしお焼きや鮑柔らか煮などの魚介料理、ローストビーフなどの肉料理をバランスよく織り交ぜて、目にも鮮やかに詰め合わせている。調理してから食事までに一定の時間がかかる機内食調理で培ったノウハウを応用することで、商品をおいしい状態で届けられるよう開発・調製している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品