0

海外10か国の約50%が「忍者になりたい」…忍者グローバル調査

2017年3月29日 10時15分 (2017年3月29日 17時34分 更新)

海外10か国の約50%が「忍者になりたい」…忍者グローバル調査

[拡大写真]

日本忍者協議会は、忍者コンテンツに関する世界規模の調査「忍者グローバル調査」の結果を発表した。調査対象は中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、インドネシア、米国、オーストラリア、フランス、ドイツの各国200人。国内300人。まず、「忍者を知っているか」を尋ねたところ、「よく知っている」「少し知っている」「名前を聞いたことがある程度」を含め、海外10か国全体での忍者の認知度が98.7%だった。調査したすべての国で、忍者の認知度が97%以上となっている。次に、「忍者についてどう思うか」を尋ねた。その結果、「忍者が現存している」と回答した人は、「現在も多数存在している」「数は少なくなったが現在も存在している」を含め、海外10か国全体で63.1%だった。特に割合が高かった国は、インドネシア78.9%と米国73.7%。米国では、「現在も多数存在している」と41.2%が回答している。忍者を認知している人を対象に、「忍者になりたいか」を尋ねた結果では、海外10か国全体で49.6%が「忍者になりたい」と答えた。タイでは、80.8%が「忍者になりたい」と回答している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品