狭い隙間を有効活用!気づきで広げる、つっぱり棒の可能性

2017年9月13日 09時00分 (2017年9月15日 21時47分 更新)
引き出し上部の隙間空間に、つっぱり棒をプラスすることで、かさばりがちなキッチンペーパーや調理器具のフタ類に最適な置き場を作りだしています。ワイヤーネットを敷くことで、キッチンペーパーの転がりを防止しているのも技ありなポイントですね。

■kotokoさんの応用メソッド

撮影:kotokoさん


kotokoさんに、つっぱり棒とよく組み合わせるアイテムについてお伺いしたところ、『つっぱり棒にS字フックや無印良品のワイヤークリップをかけて使うことが多いです。100均のワイヤーネットを結束バンドで固定して使うこともあります。』とお答えいただきました。洗面下の開き戸収納では、つっぱり棒×S字フックの上手な活用実例を見ることができます。限られた収納内の無駄をなくし、効率よくグッズが収められているのがわかりますね。



狭い隙間が生まれ変わる!技ありなつっぱり棒活用実例

続いては、つっぱり棒を意外な隙間や狭いスペースで、意外な活躍をさせている4人のユーザーさんの実例をご紹介します。いずれもアイデア抜群ですが、すぐに真似できる方法ばかりですよ。使い方、組み合わせ方の工夫は要チェックです。


■吊戸棚下の凹みにつけるだけ

撮影:Hiromiさん


「暮らしを楽しむこと」を大切に家づくりをされているHiromiさんは、吊戸棚下のわずかな隙間を見逃さず、つっぱり棒を取り付けキチンペーパーを収納されています。キッチンで作業しながら、さらりと手を伸ばしてキッチンペーパーが使える便利さ……まさかこんなわずかな隙間活用で手に入れられるなんて、まさに目からうろこです。

注目の商品