0

都内でモルドバ料理がいただけるお店

2017年9月14日 15時10分 (2017年9月15日 13時20分 更新)
9月13日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、朝の葛飾区・亀有を散策した中で、「居酒屋 NOROC」(東京都葛飾区)が紹介された。

こちらのお店では、日本では珍しいモルドバ料理を味わうことが出来る。
人気メニューの「ザアマ」(648円)と「サルマーレ」(1,164円)をいただいた。

「ザアマ」はボルシチと並ぶモルドバの郷土料理。小麦粉を原料にした自家製麺が入っている。
「サルマーレ」は、ぶどう作りが盛んなモルドバらしくぶどうの葉を使った煮込み料理だ。豚ひき肉と細かく刻んだ玉ねぎ・にんじん・パプリカを米と混ぜてタネを作り、それを下茹でしたぶどうの葉で包む。使うぶどうの葉は、柔らかい食感を出すため新緑の葉のみだ。
ぶどうの葉に包まれた具材を壷に入れ、そこにトマトベースのスープを注ぎキャベツで蓋をして煮込めば完成。サワークリームと一緒にいただいてもおいしい一品だ。

金子貴俊さんはお店の表に飾られた国旗と看板に興味を惹かれ、来店した。

「ザアマ」のスープを一口飲んだ金子さんは「あ、おいしっ!…なんだろ、レモンのような酸味のある…。ものすごくサッパリしておいしいです!」とコメント。
自家製麺を「生パスタみたいな感じかな」と予想し、その味を「あっ!…うん、パスタ!パスタを茹でたような、ちょっとモッチリしてて。えーっ、なんだろ。似てるものもありそうなんだけど…、でも個性的ですね」と記憶を探るように伝えた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品