0

[注目トピックス 経済総合]日本の経済成長率、15年ぶり韓国を上回る可能性も=中国メディア

2013年5月28日 11時50分 (2013年6月8日 00時00分 更新)
*11:50JST 日本の経済成長率、15年ぶり韓国を上回る可能性も=中国メディア
中国紙の「東方財富網」はきょう28日、安倍政権の経済政策「アベノミクス」について、光と影が同時に存在しているとの見方を示した。大型金融緩和や積極的な財政政策と構造改革、円安の進行などが日本の輸出に寄与するほか、国内消費も刺激すると評価。また、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議と20カ国・地域(G20)首脳会合がともに円安を容認する姿勢を示しており、目先では急速な円高に戻る可能性が低いと予測した。円安進行がライバルとなる韓国との競争を有利にさせるため、輸出産業は年内好調に推移する可能性があるとの見方。韓国の統計によると、韓国と日本の主要輸出品50品目のうち、26品目は重複しているという。

なお、日本銀行は今年の成長予想を2.9%に上方修正した一方、韓国の中央銀行は韓国の成長見通しを2.6%に下方修正した。予想通りとなれば、日本の成長率は1998年以来初めて、韓国を上回ることになる。

ただ、同紙は、安倍政権のインフレ目標2%が実現されれば、日本国内の実質的な物価上昇率は3%になると指摘。インフレ加速が国債利回りを押し上げる公算が大きいため、膨大な債務残高を抱えている日本にとって健全な財務状況を維持することが困難になると強調した。アベノミクスが日本経済を健全な軌道に乗せるかどうか現時点では結論を出すのは尚早だとの見方を示した。






《ZN》

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品