0

会話をリアルタイムで翻訳できるイヤフォン「Pixel Buds」登場 Googleから

2017年10月5日 14時37分 (2017年10月6日 15時13分 更新)

GoogleのBluetoothイヤフォン「Pixel Buds」

[拡大写真]

 Googleは10月4日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したイベントで、Bluetoothイヤフォン「Pixel Buds」を発表した。11月に米国、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリア、シンガポールで発売する。日本での発売は不明。価格は159ドル。

 大きな特徴の1つが、Googleアシスタントに対応していること。イヤフォン(のマイク)に話しかけると、音楽を開始したり電話をかけたりといった操作ができる。また直近に登録された予定がある場合、イヤフォンがその内容を知らせてくれるので、スマートフォンを手に取らなくても各種操作や情報確認ができる。なおPixel Buds経由でGoogleアシスタントを利用する場合、Googleアシスタントに対応したAndroidスマートフォンと連携する必要がある。

 さらに注目したいのが、Google翻訳をイヤフォン経由で利用できること。「○○語で話すのを手伝って」とイヤフォンに向かって話しかけてから翻訳したい内容を言うと、Pixelスマートフォンが翻訳結果をスピーカーから返してくれる。相手が話した内容もPixel Budsのマイクが拾って翻訳してくれるので、外国人とリアルタイムで翻訳しながら会話ができる。海外でタクシーに乗ったときや、飲食店で注文するときなどに活躍しそうだ。

 翻訳は40カ国に対応しているが、翻訳機能を利用できるのはPixelスマートフォンと連携しているときのみ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品