0

深町純 最後のレコーディング「黎明」、ハイレゾ音源配信開始

2012年10月2日 14時12分 (2012年10月3日 12時32分 更新)

日本を代表する作・編曲家/キーボーディスト、深町純のラスト・レコーディング「黎明」が高音質配信サイト「e-onkyo music」にて10月1日(月)より配信を開始した。

71年のデビュー以来、ポップス、フュージョン、映画音楽と、実に幅広いジャンルで活躍した日本を代表する作・編曲家/キーボーディストの深町純。

惜しくも2010年11月に急逝した氏の最後のレコーディングであり、これまで未発表となっていたアルバム「黎明」を24bit/96kHzハイレゾ音源の5.0chサラウンドと2chステレオで配信開始した。

今作は、2010年7月7日の七夕の日に千葉の日東紡音響エンジニアリング「サウンド・ラボ」にて行われたソロ・ピアノによる即興演奏を収録。晩年は即興演奏の定期演奏会をライフ・ワークとしていた深町純。今作でも、ピアノと対峙する一人の音楽家の渾身の演奏を聴く事ができる。

また、レコーディングでは、柱状拡散体、Acoustic Grove System(AGS)で完璧に音響が調整された「サウンド・ラボ」で、ピアノの名器「スタンウェイ」を演奏。その演奏を日本におけるサラウンド研究の第1人者、Mick沢口氏がサラウンド録音したもので、オーディオ的にも非常に優れた優秀録音作品となっている。

e-onkyo musicではリアルな臨場感が味わえる5.0chサラウンドとレコーディング後にミックスを施した2chステレオの2タイプを用意している。Information


深町純ラスト・レコーディング - e-onkyo music
http://music.e-onkyo.com/artist/m121001_S.asp

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品