0

acid android主催「acid android in an alcove vol.6」ライヴレポート

2013年9月3日 13時06分 (2013年9月4日 11時32分 更新)

8月30日深夜、神奈川は川崎CLUB CITTA'にて、yukihiro(L'Arc-en-Ciel)のソロプロジェクト=acid android主催によるDJ&ライヴイベント「acid android in an alcove vol.6」が開催された。

開場時間前からチッタ前は長蛇の列となり、23時に開場されるとオープニングを託されたDJ SATORUがトランシーな爆音でオーディエンスを歓迎。この夜はyukihiroを含め4人のDJ、そして4組のライヴ・アクト(ZZZ's、MO’SOME TONEBENDER、agraph VJ Masato TSUTSUI、そしてacid android)が登壇予定で、夜が明けるまで見逃せないラインナップとなった。

23時30分になる頃、DJとしてyukihiroがこの夜初めてオーディエンスの前に登場。フロア前の人口密度が一気に上昇するなか、最初にスピンされたのはRADIOHEADの「My Iron Lung」。シンプルな黒パーカー姿のyukihiroは、ビートにあわせて身体を揺らしながらレコードやターンテーブルを操り、オーディエンスは彼の一挙手一投足に注視しつつ、心地よさそうに重低音とメロディに身を任せている。UKのレジェンドから新鋭までを網羅しつつ、徐々にインダストリアルへと繋いでいく実にyukihiroらしい構成で深夜のフロアを盛り立てた。

yukihiroのDJ後、間もなくして幕が上がると最初のライヴ・アクト=ZZZ'sがステージに現れる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品