島崎遥香「泣きながら提出」総選挙への想い

2016年3月28日 01時32分 (2016年3月29日 19時10分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜スタジアムにてAKB48を初期から引っ張り続けてきた高橋みなみの卒業コンサートが開催され、多くのファンを集めた。横山由依総監督も「今、AKB48の第一章が終わったと感じました。これからのAKB48の応援をよろしくお願いします」と話したとおり、AKB48は第二章へと歩み始めた。

そんなAKB48グループメンバーを待ち構えているのが、毎年恒例となっている選抜総選挙だ。今年は、「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」として6月18日(土)、新潟県新潟市の“HARD OFF ECOスタジアム新潟”にて開催すると発表されている。



立候補受付期間は2016 年 3 月 23 日(水)16:00 ~ 2016 年 3 月 27 日(日)22:00が設定された。

今回、昨年12位のNMB48渡辺美優紀が辞退、SKE48からは毎年選挙で高い人気の柴田阿弥、人気メンバーの大矢真那が辞退を表明する大波乱となっている。

そんな中で、注目をされていたのがNMB48山本彩と、AKB48島崎遥香だ。山本は自身のツイッターで「私が高みを目指す事で NMBに貢献出来るのならと思い立候補しました。 焦らした訳でも 最後を狙ってた訳でもありません。 出馬する理由、しない理由 何個も何個も浮かんで 本当にただ悩んでいただけです。 それだけは分かって下さい。」とし、悩んだすえの立候補を表明した。

また、島崎も「色んな思いが入り混じって泣きながら提出しました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)