0

GLAY 30公演に及ぶ全国ホールツアー千秋楽の日本武道館公演3DAYSが終了

2016年4月25日 12時00分 (2016年4月28日 11時47分 更新)
GLAYが、7年8ヶ月ぶりにオリコン週間シングル1位を獲得した『G4・IV』を引っさげ、全国19箇所30公演に渡るホールツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova”』を開催。そのファイナルとなる日本武道館公演を4月21日(木)、23日(土)、24日(日)3DAYSを開催した。

ライブは『G4・IV』収録されているJIRO作曲曲「Scoop」よりスタート。続けて「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」を披露。最初のMCでTERUから「今回のツアーでこの言葉を言うのは最後になりますが、ただいま!」と挨拶をすると「30本に及ぶ長いツアーも 今日で最後になってしまいますけども、皆さん心の準備はできてますか? 明日のことは考えず、思い切り暴れていこうぜ!」と会場を沸かせた。その後、20年を超える活動を表すかのような新旧さまざま楽曲を織り交ぜながら披露した。

本編中盤では「ON GUITAR TERU!」とHISASHIから紹介をうけると、TERUがエレキギターを抱えた姿を披露。日本武道館公演3DAYSで初披露されたHISASHI作詞作曲楽曲、TVアニメ『クロムクロ』のオープニングテーマである新曲「デストピア」を演奏し、TERUが初めてエレキギターをプレイした。

「ツアーが終わってしまう寂しさとやり遂げたという充実感がありますが、またみんなと会えるという約束があるので僕らも前進していけます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品