0

超特急 『GirlsAward2017』で類を見ないアクシデントを乗り越え記憶に残るパフォーマンス

2017年9月16日 23時00分 (2017年9月19日 23時16分 更新)
7人組メインダンス&バックボーカルグループ超特急が、日本最大級のファッション&音楽イベント『GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』に出演。幕張メッセに3万人を動員する一大イベントのクライマックスにライブステージを行い、予想外のアクシデントを逆手に取った熱いパフォーマンスで、『GirlsAward』の記録とオーディエンスの記憶に残る、感動的な名場面を創り上げた。

GirlsAward』で超特急がライブを行うのは2年ぶり。16回目となる今回から代々木第一体育館から今幕張メッセへと会場を移し、パワーアップを果たしたステージで、彼らが最初に贈ったのは「UNNOWN…」だ。銀河を映し出す巨大モニターをバックに、7人が浮かび上がるオープニングは実に幻想的なもの。超特急史上いまだかつてないほど大人びたR&Bチューンは、各イメージカラーのシャツに黒スーツというスタイリッシュな装いに良く似合い、3万人で埋め尽くされた客席を魅了してゆく……と思いきや、なんと曲の序盤でスピーカーから音が出なくなるハプニングが! しかし結成から5年の経験は、どんなトラブルが起きようと動じない肝の太さを彼らに与えていた。音楽が届かない分を自らの歌と動きで補おうと、まずはコーイチとタカシのバックボーカル2人がアカペラで曲を牽引し、ダンサー陣も側転やバク転といったアクロバティックなパフォーマンスで、場内に感嘆の声を巻き起こす。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品