0

8回も発売日が延期されたゲームにゲームファンあきれる

2010年1月22日 21時06分 (2010年1月28日 05時54分 更新)

ゲームブランドのオーバーフローが開発を進めている期待の新作『Cross Days』が過去に8回も発売を延期していたことが判明した。ゲーム情報が満載のサイト『はちま起稿』が発売延期の流れをまとめてみたところ、「2月27日→4月24日→6月24日→今夏→11月20日→12月18日→未定→1月29日→3月19日(現在)」と、8回も延期していた事がわかったのである。

2009年の5月の段階で「想定しておりました商品クオリティを実現するためには、告知しておりました発売日までの開発では時間が足りないと判断するに至りました」とオーバーフローの運営をしている有限会社スタックが延期について釈明しているが、そのコメントから半年以上の月日が経っている。

当初の発売日は2009年2月27日だったわけで、「延期の開始」からもうすぐ1年が経とうとしている。現在のところ発売日は3月19日となっているので、少なくとも1年以上の発売延期は確定している。

『はちま起稿』の管理人はちまきさんは「こんなんでよく会社つぶれないな。っていつも思う」と会社の運営に対する不信感を語っている。クオリティアップのために発売を延期させるという事はよくあることだが、さすがに1年近くも発売が延期されるとなると、クオリティアップ以外の部分で何かしらのトラブルが発生しているのではないかと疑いを持ってしまう。

ゲームファン達に不信感をもたれてしまったオーバーフロー。名誉挽回の方法は、ゲーム内容でファン達を満足させるしかあるまい。1年以上も延期をしたゲームのクオリティはいかなるものか? その評価は発売日にわかるはずだ。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースはいかが?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品