角が立たない誘いの断り方

2010年4月28日 17時00分 (2010年5月5日 06時49分 更新)

角が立たない誘いの断り方とは

[拡大写真]

新しい顔ぶれとの仲を深めるために行われる歓迎会や親睦会。しかし大勢で集まる会合を苦手とする人も少なくないのではないでしょうか。気心の知れた友人ならばハッキリと断ることができても、職場でのイベントや、上司や同僚からの度々の誘いともなると断り方に頭を悩ませてしまうものではないでしょうか。教えて!gooにも同様の相談が寄せられています。

「友人からの誘いを断る方法教えてください」

友人や会社の同僚から食事に誘われることが多いという投稿者は、誘いをいただくことはとても嬉しく思っているものの、基本的には一人の時間が好きなため、誘われるたびに断り方に悩んでしまうのだとか。角が立たたずにうまく断る方法はないかと相談しています。これに対し回答者からは具体的なアドバイスが寄せられました。

   「あ〜、ちょっとしばらく忙しいんだよね。時間ができたらまた連絡するよ!って感じですかね。断るのに具体的な理由はいりません。あれこれ理由を作ると『じゃあこうしたらいいんじゃないの?』『ほんとは行きたいのに可哀想に』ってなりますから理由はぼんやりしていた方がいいのです」(marine_789さん)

と、理由によっては余計な心配をさせてしまうこともあるため、適度に“お茶を濁す”のがポイントなのかもしれません。また断りの理由にあれこれ突っ込んだ質問をされる場合は「ごめんなさい」と曖昧に返事をしておくのがコツと付け加えています。

誘いの中には、ずいぶん前から予定を聞かれたり、金銭的な理由で断っても「ご馳走するから」となかなか申し出を承諾してくれないケースも。投稿者と同様に、職場の同僚から度々誘いを受けるというnoname#38776は、似たような経験を踏まえ「誘われなくなるとそれはそれで寂しいものなので、頑張って人間関係を友好に保ちましょう」とアドバイスを寄せています。

相手の厚意を踏みにじらないようにと気をつかえばつかうほど頭を悩ませる断り方。自分の時間も大切にしつつ、誘いの数回に一回は付き合いで参加したり、反対に、自分はこれならば参加したいと思う企画を立てて誘ってみるのも手かも。また誘う側もむやみに誘うのではなく、相手の反応をみて控えるなど、双方でうまくバランスを取りつついい関係を築いていきたいものですね。(幸)

注目ワード編集スタッフ(Chumoku Word Staff) →記事一覧

■関連Q&A
気のない人からの誘い
上司からの飲みの誘いの上手な断り方はありますか?

■編集部の注目ワード
笑顔の仮面…おだやかな笑顔に安心は禁物!いい印象の部下ほど裏では…
対人関係力…学生時代とは違う人脈が広がる社会人 身につけたいスキルの一つではないでしょうか
80対20の法則…全員と仲良くできなくとも、2割の人と上手くやれれば問題なし!?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」