0

酒の中に胎児が! 禁酒ポスターが酷すぎると物議

2010年5月31日 16時14分 (2010年6月3日 22時54分 更新)

「ママが(アルコールを)飲む時、赤ちゃんも飲んでいる」というキャッチフレーズで妊婦の禁酒を促(うなが)すキャンペーンがイタリアで開始されたのだが、キャンペーンポスターが酷(ひど)すぎると物議をかもしている。ポスターの描写として、1杯のカクテルグラスの中に胎児が浮かんでいるのだ。確かにかなり衝撃的なポスターである。

イタリア健康協会の調査によれば、イタリア人女性の65%が妊娠中に飲酒をしていることが明らかになった。またヨーロッパ全体では、100人に1人の赤ちゃんが母親の飲酒によって何らかの健康障害を持って生まれているという。この結果を踏まえて、アルコール消費量の多いヴェネト州では、最近妊婦の禁酒を促すポスターが貼り出される事となった。バーやレストランの女性用トイレなどにこのポスターが掲示されるという。

ポスターには、ヴェネト州の名物カクテル『スプリッツ』が印刷されている。白ワインをソーダ水で割り、イタリアのリキュール『カンパリ』を注いだ甘酸っぱいカクテルなのだが、その朱色のグラスの底には胎児が浮かんでいる。禁酒を促すどころか、このポスター自体に嫌悪感を抱く人も多い。

一部の批評家らは「ひどいテイストのポスターだ」と非難。その一方、ヴェネト州の知事は「女性、特に母親に対する歪められたイメージを与える危険がある」と警告している。同協会は、妊娠中のアルコール摂取により、先天性欠損症や発達障害を持つ子どもが生まれる可能性があると説明している。しかし、それにしてもあまりにもショッキングなポスターだ。このポスターに関する議論は、しばらく続くことだろう。

Screenshot from telegraph.co.uk.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

このニュースの元記事を読む

■最近の注目ニュース

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品