0

蓮舫大臣、石原都知事の「花見自粛発言」に否定的

2011年4月1日 12時44分 (2011年4月4日 14時29分 更新)

 蓮舫節電啓発担当相は2011年4月1日午前に行われた定例記者会見で、石原慎太郎東京都知事が花見を自粛すべきだと発言をしたことについて、「権力による社会活動の制限は最低限に留めるべき」と否定的な見解を示した。

 先月3月29日、石原都知事は「桜が咲いたからといって、一杯飲んで歓談するような状況じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」と述べていた。こうした発言について、フリーライターふじいりょうが「自粛ムードが蔓延することへの懸念が出ているが、大臣のお考えはどうか」と質問。これに対して、蓮舫大臣は、

「石原都知事が何とおっしゃったか分からないが、権力によって自由な行動や社会活動を制限するのは最低限に留めるべき」

と答えた。

蓮舫 行政刷新・消費者及び食品安全担当大臣記者会見 生放送
蓮舫大臣、石原都知事の『花火自粛発言』に否定的」部分から再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45084293#6:37
(番組はタイムシフト機能で2011年4月8日まで視聴できる)

ふじいりょう

【関連記事】「自然災害に絶望する必要ない」 宮崎駿、東日本大震災を語る「日本人は"違う"のか?」 震災から分析する"日本人像"石原都知事、都条例に言及 「描くなとは言っていない」

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品