0

孫正義「直ちに健康被害有り。ただし症状が直ちに出ず、出た時は手遅れ」

2011年4月9日 00時40分 (2011年4月12日 09時54分 更新)

個人で100億円とソフトバンクグループ引退までの全報酬を寄付するとした、ソフトバンクモバイル代表取締役社長・孫正義氏。

孫氏が、以前から政府が発表し続けている「直ちに健康被害無し」という発言に対し、異論を唱えている。孫社長はインターネットコミュニケーションサービスTwitter(ツイッター)で、以下のようにコメントしている。
 
・孫社長のTwitter発言
「直ちに健康被害無し」というのは、おかしい。「直ちに健康被害有り。但し症状が直ちに出るわけではない。出た時は、概ね手遅れ。」これが、正しい表現なのではないでしょうか!?(引用ここまで)
 
孫社長は以前から政府の震災関係に関する対応等を強く批判しており、今回も皮肉に満ちたコメントながら、本心を語っているものと思われる。

国民は本当のことだけを知りたい。そしてすべての事実を知りたい。しかし、政府や東京電力からの情報を信じていない人が多くいるのも確かである。

皆さんは、政府がいつも発表している「直ちに健康被害無し」という言葉、どう受け取っているだろうか?

参照元: Twitter masason.

このニュースの元記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品