0

孫社長、ついにブチ切れか!? Twitterで「がおぉぉぉーーーん!」と絶叫

2011年4月11日 14時44分 (2011年4月13日 14時54分 更新)

被災地への義援金を個人で100億円寄付すると発表した、ソフトバンクグループの孫社長。引退までの報酬をすべて寄付すると復興を全力で支援するとし、被災地への政府の対応をTwitter上で痛烈に批判しているのだが、その孫社長が4月11日未明、意味不明のつぶやきを投稿しているのである。突然、吠えているのだ。

この投稿は、11日の午前2時前に投稿されている。たった一言、

「がおぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぉん!」(原文まま)

と、まるで吠えるようにつぶやいているのだ。

孫社長はこれ以前の投稿で、子供の年間被ばく線量20ミリシーベルトへ引上げについて指摘している。国際基準(IAEA)の年間被爆限度は1ミリシーベルトであり、その20倍に相当する。このことについて、

「この事が最も許せない‼ 決めた方々は、公開審議会をして欲しい‼」(原文まま)

「この怒りを何処に持って行けばいいのだろう」(原文まま)

と、怒りをあらわにしている。さらに、「安全と言うなら」としたうえで、

「現在の福島では無理でしょうが、他の原発が安全だと言っておられる各電力会社は、原発そばに自らのあらゆる施設等を設置出来るはず」(原文まま)

と安全の根拠を行動で示すようにと促しているのだ。そして、孫社長の感情をもっとも端的に象徴する言葉として、

「ワシの怒髪天を衝く‼」(原文まま)

どうやら叫ばずにはいられないという心持ちが、「がおぉぉーーぉん!」という言葉として発露したようだ。いずれにしても真意のほどは定かではないが、穏やかならざる感情を抱いているに違いないようだ。

参照元:Twitter/@masason

このニュースの元記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品