0

「ニコ動は才能の巣窟」 ヒャダインの"やってみた"コンテスト優勝者が決定

2011年5月24日 19時47分 (2011年5月26日 16時29分 更新)

 ニコニコ動画で人気のアーティスト"ヒャダイン"(写真中央)が歌う、TVアニメ『日常』のオープニング主題歌『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』。その発売を記念して開催されたコンテスト、「ヒャダインのカカカタでやってみた」の最終選考会が2011年5月21日、ニコニコ生放送で放送された。ヒャダインは、個性豊かな予選通過者たちの生パフォーマンスに「ニコニコ動画というのは本当に才能の巣窟だと実感しました。いろんなジャンルの人たちが集まっていて大好きです。一生ニコ厨でいます!」と感激しながら語った。

 ヒャダインの正体は、AKB48東方神起などに楽曲を提供している前山田健一。『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』は、ヒャダイン名義でのメジャーデビューシングルとなる。今回のコンテストでは、その『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』を用いた動画作品を、「歌ってみた」「踊ってみた」「アレンジしてみた」の3ジャンルで募集した。1次選考では、ユーザーによる動画再生数・コメント数・マイリスト登録数の総合点により各カテゴリから3組ずつ(計9組)を選出。さらにヒャダインとレコード会社・株式会社ランティスの選考によって、各カテゴリから1組ずつ(計3組)が加わり、計12組が最終選考会に進出した。予選通過者たちは「ヒャダインの次回作で"夢の競演"ができる」という特典をかけ、それぞれが見事なパフォーマンスを披露。番組視聴者からのアンケートで各ジャンルの優勝者が決定した。

 「踊ってみた」では、制服姿の男女のユニット「ふわりっち&ゆめっち!」がキレのあるダンスを披露し、優勝。ヒャダインは「曲のバタバタ感を表現してくれていて、一つの曲の中にあるいろんな表情を出してくれて感動しました」と絶賛した。また「アレンジしてみた」で優勝した、けいえむ(K.M)のオーケストラ調のアレンジには、視聴者から「壮大だ」「劇場版みたい」といったコメントが多数寄せられた。

 「歌ってみた」では、キーボードを用いたTALKBOX(トーキング・モジュレーター)を使って歌ったディスクン星人が優勝した。ヒャダインは「TALKBOXは生半可ではできなくて、ものすごく練習やテクニックが必要なので、すごいと思います」と感激。ヒャダイン自身も「ストIIの効果音で、オリジナル曲」(人気アーケードゲーム『ストリートファイターII』のBGMを基にしたオリジナル曲で240万以上の再生数を記録)などで知られるように「歌ってみた」出身のため、あらためて心情を吐露した。

「作家として売れない頃から『歌ってみた』のカテゴリーでやってきて、同じフィールドから出てきた人とコラボできることはとても光栄です。(コンテストは)やらせなしのガチンコ勝負なので、素晴らしい結果。ぜひ楽しいものを一緒に作りたいと思います」

 各ジャンルの優勝者とヒャダインのコラボレーションが果たしてどのような作品に帰結するのか、今から目が離せない。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「踊ってみた」優勝:「ふわりっち&ゆめっち!」のパフォーマンスから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50227069?ref=news#40:25
・[ニコニコ生放送]「アレンジしてみた」優勝:けいえむ(K.M)のパフォーマンスから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50227069?ref=news#52:35
・[ニコニコ生放送]「歌ってみた」優勝:ディスクン星人のパフォーマンスから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv50227069?ref=news#1:46:20

板井二郎

【関連記事】ヒャダインの新曲を使った「やってみた」コンテスト開催歌い手・ヒャダイン、「買い占め自粛」をニコニコ動画で呼びかけるナマケット出演者発表&グランドフィナーレの感動ライブ! ニコニコ大会議ファイナル(凹)レポート

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品