0

視力0.05以下になってわかること / ネットユーザー「眼鏡をかけて初めて世界が3Dになる」

2011年6月8日 07時00分 (2011年6月9日 19時24分 更新)

記者(私)は非常に目が悪い。裸眼で左0.04と右0.05(乱視)、矯正視力で両目とも1.0に満たないのである。高校生のころからその視力で、人生の半分はメガネに依存している。

そんな、目の悪い人の視点で見た日常が、インターネット上で話題になっている。「雨が降った日なんて町全体が宝石箱になる」、「見える距離が10cmない」など、良い視力の人にとっては、冗談のように思えるかも知れないが、わずか2~30センチ前方のものさえ、良く見えないのである。

記者はファミコン世代であり、小学校のときにゲームをし過ぎたために目が悪くなった。仮性近視の段階で、しっかり治療に専念すればよかったのだが、新しいゲーム機器が出る度にゲームにはまってしまい、坂を下るようにどんどん目が悪くなったのである。

メガネの手放せない生活をしている訳だが、ネット上でも同じように、メガネ・コンタクトがなくなると生活できないという意見が相次いでいる。
 
・視力0.05以下になってわかること、ネットユーザーの体験談
「信号が花火に見える」
「雨が降った日なんて町全体が宝石箱になる」
「見える距離が10cmない」
「裸眼だと立っておしっこ出来ない」
「少し離れたらジャンケンしても、何を出しているのかわからない」
「大体毎日満月」
「メガネを見失ったときの絶望感」
「視力検査の一番上のやつはギャグじゃない」
「もし出掛けた先で眼鏡がなくなったら家に帰るまでに死ぬ」
「真面目に目の前のPCの文字が読めない」
「読める読めない以前に文字が書いてあることすらわからない」
「ベージュ色の服着てる人が裸に見えて一瞬びっくりする」
「ひげ剃り時の鏡との距離は15センチ」
「女の子を心で見るようになる」
「眼鏡をかけて初めて世界が3Dになる」
 
……など。目が悪いために、さまざまな苦労をしているようだ。ちなみにメガネユーザーが最も嫌いことがある。それは、かけているメガネを触られることだ。冗談でも、絶対にメガネには触ってはいけない。

かけ心地がおかしくなったり、見え方が変になったりすると、非常に気持ちの悪いものだ。これは視力に関係なく、メガネを愛用している人に共通することなので、ぜひ覚えておいていただきたい。

このニュースの元記事を読む

■ 関連リンク

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品