0

東国原氏「宮崎のためにならないと言われた」 知事退任の理由を告白

2011年7月8日 10時05分 (2011年7月10日 16時29分 更新)

 前宮崎県知事の東国原英夫氏は2011年7月2日、BSジャパンの「勝間和代#デキビジ」の収録で、ことし1月に宮崎県知事を任期満了で退任し、4月の東京都知事選に立候補した経緯について語った。東国原氏は口蹄疫問題の際、宮崎県議会から「『国と対立すると宮崎のためにならないから、(知事を)辞めていただきたい』と言われた」というエピソードを明かした。

 東国原氏は2007年に宮崎県知事に就任。当初から県議会と対立しつつ、「どげんかせんといかん」をキャッチフレーズに、県内行政の改革や宮崎の特産物のアピールに尽力した。2011年1月に県知事の任期が終了し、4月の東京都知事選に出馬したが、現職の石原慎太郎知事に敗れていた。

 「国と地方は対等じゃない」と主張する東国原氏。その意見に対し、司会の勝間和代氏が「国政ではなく、都政(を選択・出馬)だったのはなぜか」と質問すると、東国原氏は「口蹄疫の時、地方と国の役割(の差)はあまりにも理不尽だった」とした上で、

「例えば、『(牛の)全頭殺処分を早い段階でやる』と(国に)言ったら、法律にないので『それをおやりになるんだったら、地方の権限、県の権限と財源でおやりなさい』と言われた。できるわけがない。それについて、さらに細かいことがあって、時の農水大臣と対立していた」

と当時を振り返り、さらに

「議会から、『国と対立している宮崎県知事なんか歴代初めてだ。国と対立すると宮崎のためにならないから、辞めていただきたい』と言われた。だったら、辞めます」

と語った。さらに東国原氏は、

「僕がいて、国と戦って、宮崎県のためにならないのであれば・・・。僕は対等に戦って地方分権を勝ち取っていこうと思っているので、宮崎からそれはちょっとできないなと。じゃあ、これができるのはどこだと。(それが)東京都だった」

東京都知事選に出馬した理由を語った。

山下真史

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 「都政を選んだのはなぜか」の質問から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv54714380?po=news&ref=news#02:07:57

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品