インドネシアで謎の生物発見! これはドラゴンか?

2011年10月11日 06時00分 (2011年10月12日 20時54分 更新)

インドネシアのとある川で謎の生物が発見されたと話題となっている。公開された画像を見ると、その生物は蛇のような長い胴体を持ち、角が生えている。空想上の生物、ドラゴンのように見えるのである。これは一体何なのだろうか?

海外サイトの情報によると、この生物は同国リアウ州のプカンバルを流れるシアク川で発見されたとのことだが、それ以上の詳細な情報は明らかになっていない。

画像にはインド神話に起源を持つ、蛇の精霊(原文では『ナーガ』と紹介されている)ではないかと説明が添えられている。蛇のような体つきをしており、頭には小さな角が生えているように見える。体の大きさはとても小さく、人間の手のひらにすっぽりと収まる程度だ。

本当にこのような生物が存在するのだろうか。インドネシアのブロガーが画像の解析を試みたところ、どうやら実在する生物ではなかったようだ。そのブロガーが加工ソフトで解析した結果、角は後からつけられたものであり、蛇の画像を元に作られたようである。

ドラゴンをはじめ、ユニコーンやイエティなど空想上の動物の目撃証言は、世界中で報告されているのだが、やはりこれらの生物は存在しないのだろうか? いや、どこかにいると信じたいものである。

参照元:Thomaschandra’s Weblog(インドネシア語)

このニュースの元記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」