0

研究者が「CO2が人間を太らせる」と発表し物議 / 海外ネットユーザー「いくら何でもそれはない!」「センスなさすぎ」

2012年3月22日 16時00分 (2013年9月30日 23時54分 更新)
デンマークの研究者が、今までにない着眼点で温暖化が人体に及ぼす影響について発表し、物議をかもしています。この研究者がいうには、CO2(二酸化炭素ガス)は、人間を太りやすくしているというのです。彼なりの研究の結果、その結論に行き当たったようなのですが、海外ネットユーザーはあまり賛同的ではありません。

「それはない!」や「まったくセンスなさすぎ」など、無理に2つの関係をこじつけたように受け止めているようです。たしかに因果関係があるようには思えないのですが、どういうことなのでしょうか……?

この研究はデンマークの、ラーズ・ゲオルグ・ヘルソーグ博士が行ったものです。博士は過去22年間の人間の体重増加と地球の気温の関係を調査しました。そうしたところ、空気中のCO2の濃度が体重増加に関与していると考えたのです。

その裏づけとして、CO2が脳内ホルモンの「オレキシン」分泌に影響を与えるとしています。このホルモンは、食欲と報酬系、睡眠や覚醒を制御しています。これを作る神経細胞が消滅すると、ナルコレプシーという睡眠障害になるそうです。

つまりCO2が増大すると、オレキシンの分泌が不純になり、結果として体重が増えると博士は考えています。実際1986年から2010年の間、アメリカでは肥満が増え、そのなかでもっとも急激に肥満率が増加した東海岸では、CO2濃度が高いそうです。

さらに、6人の男性をCO2濃度の高い部屋に7時間置いたところ、普通の部屋にいた男性よりも約6パーセント余分に食物を摂取したとのこと。これはもしかしたら、無関係とは言い切れないかもしれませんよ。しかしながら、海外ネットユーザーからは「発想がマジでゴミ」や「俺は昔より太ってないぞ、コラッ!!」、「ファーストフード店の増加傾向もその研究結果に入れておけ」など、かなり厳しい意見が相次いでいます。

温暖化と肥満、関係があるのでしょうか、あなたはどのように思いますか?

参照元:MailOnline(英語)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品