ひええ…「炎天下の車内にケータイを置きっぱなしにしたら、こんなことに」

2012年8月22日 09時34分 (2012年9月3日 08時47分 更新)
今年の夏もうんざりするほど暑い日が続いています。車も日中は熱くなり、とてもすぐには乗れないほどですよね。

海外で、炎天下の車内のダッシュボードの上に、携帯を忘れてしまった人がいたそうです。

その結果どうなったのか、写真をご覧ください。

 

[画像を見る]
うわぉ!

右下にGoogleのロゴの入った携帯電話のバッテリーが、風船のようにふくらんでいます。

温度が高すぎると、こんなことになるんですか……。

これを見て、海外掲示板のコメントもにぎわっていました。


●事故でも起こしたのかい。携帯のエアーバッグが開いているじゃないか。

●きっとGoogle Phoneならではのエアバッグなんだよ。

●ほんと最近はどんなアプリもあるんだな。

●取り扱い要注意!

●新しい電話にする時期だな。

●きっとボウルに入った米に入れれば……。
(正しくは濡れた電子機器の乾かし方)

●Googleリゾットでも作るのか。

●バッテリがー爆発しないか、僕なら不安になるけどね。

●たぶんこれはリチウムイオン電池だな。熱を加えて放っておくと燃えるし、相当な損傷をともなう。

●プレッシャーを緩和するために噛むんだ。

●それをやったら、きっと死ぬ。

●すごい太陽電池充電器だな。

●自分はリチウム電池の実験をする仕事をしていた。言っておくが、このバッテリーは超がつくほど危険だ。とにかく大きな容器に食塩水を入れて、2日ほど浸からせて遠ざけておこう。これで放電され、大量の水分が安全に熱を放散させる。これまで死んだと思った燃えた携帯でも、かなりのエネルギーを発散させるのを見たことがある。武器に対するものと同じくらいの敬意を払って、安全に取り扱ってくれ。君の車が破壊されていないのは、今時のバッテリーパッケージが優れているのと、とても幸運だったというだけだ。

バッテリーがこんなに膨らんでも耐えているのはたいしたものですが、いずれにせよ相当な危険をともなうようです。

高温のところに携帯電話を置きっぱなしは、特に注意をしなくてはいけませんね。

I left my phone on the dashboard of my car this afternoon during a heatwave...

【ひええ…「炎天下の車内にケータイを置きっぱなしにしたら、こんなことに」】を全て見る

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品