MAX新曲「Tacata'」 意味不明な「タカタ」ゴリ押しが脳内無限ループされる人続出中

2013年7月24日 14時52分 (2013年7月25日 16時03分 更新)

MAX新曲「Tacata'」 意味不明な「タカタ」ゴリ押しが脳内無限ループされる人続出中(画像:YouTube)

[拡大写真]

沖縄出身の女性4人組ボーカルダンスグループ、MAXが8月7日にニューシングル「Tacata'(タカタ)」を発売するが、これに先駆けて公開したMVが、ネット上で話題を呼んでいる。

MAXは96年9月に解散したアイドルグループ、スーパーモンキーズから安室奈美恵を除いた4名で結成され、「TORA TORA TORA」(96)や「Give me a Shake」(97)「Ride on time」(98)「バラ色の日々」(00)など数々のヒット曲を生み出し、11年にメンバーのReinaが入籍・妊娠のため活動休止を発表してからは、3人体制で活動。

そんな彼女たちが発売する約3年ぶりのニューシングル「Tacata'(タカタ)」は、イタリア人アーティストTacabroが2012年に発表した「Tacata'」のカバー曲で、ヨーロッパを中心に人気が爆発し、世界各国のiTunes Storeなど、26のランキングで1位を獲得している、ラテン系ダンスミュージックだ。

今回のダンスの振り付けは、米ロサンゼルスで流行中の、ハイヒールを履きながらエクササイズする「HEEL HOP」のダンサーで振付師のカミラ・バレット氏が担当。「Tacata'(タカタ)」のMVは、パステルカラーに彩られたスタジオでMAXメンバーが派手色のミニドレスに身を包み、後ろ姿から勢い良く振り向く場面からスタートする。振り付けをエクササイズの振付師が担当しただけあって、腰に手をあてながら腰を一周させたり、二の腕を振る動作など、リズミカルな曲調に合わせて一緒に踊れるようなダンスも特徴だ。

また、このニューシングルの特徴は何と言っても歌詞にある。ラテンの曲に合わせた歌詞は、英語混じりの"カタコト日本語"に聴こえるのだ。

「マーックスイズバアーック ドゥユゥシィー?」「ジブウーンたちのォオリジナリティー」から始まる歌詞がすでにインパクトが大きい。「ドゥユーノゥこれがタカタ!」「人と人つなぐ魔法みたいな言葉タカタ!」と続いたのち、「誰もが必ずタカタ!」と曲はアップテンポに変わっていく。聞き慣れない「タカタ」という言葉の連呼に戸惑いを覚えつつ、MAXのキレのある覚えやすいダンスに目が釘付けに。

曲の中盤では「ポジティブシンキングタカタ!」「悩むのやめてぇタカタ!」「笑う門にはタカタ!」と、何かにつけタカタをごり押し。そして意味がまったく分からない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品