0

最新のキラキラネームが難読すぎてヤバイ 「真九州」「明日」「美凪子」など

2013年8月19日 23時00分 (2013年9月19日 17時24分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
読み方の難しい名前を「DQN(ドキュン)ネーム」や「キラキラネーム」という。その多くが漢字をあてているため、普通に読むことは困難だ。新任の学校教員は随分苦労していると思う。

・キラキラネームに関するアンケート
さて、そんなキラキラネームについて最近 IT 系企業が、10・20代を対象に調査を行った。その結果、全体の4割がキラキラネームと思う人が学校内にいたと答えており、「真九州」、「明日」、「美凪子」、「音」などの名前を挙げたそうだ。あなたはこれらの読み方、わかるだろうか?

・学校で4割、同級生で3割が遭遇
株式会社リビジェンは10・20代の一般男女(有効サンプル数500)を対象に、キラキラネームに関するオンライン調査を行った。それによると、学校内にキラキラネームと思われる人物がいたか? という質問に対して44.8パーセントが「いた」と回答している。

また、同級生にキラキラネームがいたか? という質問に対しては、28.4パーセントが「いた」と答えているのだ。全体の約3割がキラキラネームと思われる名前と遭遇した経験を持っていることになる。キラキラネームの割合は着実に増えつつあるようだ。

・「真九州」の読みは?
ちなみにこのアンケートで名前を挙げてもらったところ、「真九州」、「愛音羽」、「明日」、「美凪子」、「音」などが挙げられたそうだ。皆さんは読み方、わかるだろうか?

真九州 → マックス
愛音羽 → アネハ
明日 → トモロー
美凪子 → ビーナス
音 → リズム

・思いつかない読み方
このほかに、カタカナで「セルシオ」という名前もあったようである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品