1

【えっ】海外で「日本では美少女のウンコを食べるのが人気」という噂 / 海外サイト「野菜と指定の食物だけを与えた少女のウンコ。1食500万円」

2015年2月2日 22時00分 (2015年2月3日 21時57分 更新)
人づてに広まるありそうでなさそうな奇怪な噂を “都市伝説” と呼ぶ。「ほっといてくれよ」とつぶやく人面犬から、「豊かなお胸を見つめると健康になれる」というものまで様々。海外でよく聞く「日本には “女体盛り” という文化がある」も、そのひとつだろう。

いま、日本人から言うと「マジかよありえねーよ!」と言いたくなる噂が海外で一人歩きしているようだ。それは「日本における最高級料理は12歳くらいの処女(おとめ)のウンコ」というもの。さらに「密かに人気で、海外からもウンコを求めて来日者続出」など、都市伝説の一歩手前まで広がろうとしている。

・「ウンコ料理伝説」の衝撃の内容
2015年1月、大拡散を始めた「日本人は美少女のウンコを食べる伝説」。台湾メディアが報じたものによると、その内容をザックリまとめると以下のとおりだ。

1.会員制のレストランが提供。半年前に予約、好みの美少女とフレーバーを選ぶ。

2.選ばれた少女は2カ月間野菜のみを食し、次に指定されたフレーバーの食品のみを食べる。トマトならトマト、メロンならメロンを1日三食食べ続ける。

3.半年後、当日、少女は丸い穴が空いた机の上に座り排泄。ウンコをお皿でキャッチし、そのまま客に提供。客はスプーンですくって食す。

……とのことである。なお、ウンコ料理の生産者となる少女は、12~13歳くらいの初潮を迎えた穢れ(けがれ)なき乙女だそう。ちなみにお値段は500万円らしい。

・有名人が非難「考えついた奴は銃殺されるべき」
ウンコ料理という話でもビックリなのに、10代の女の子に半年間もそんな食生活をさせるなんて大問題だ。「ありえないだろ、聞いたこともねーよ!?」と言いたくなる。これが、海外サイトに投稿されたところ、「さすがに、これはウソだろ」という意見もある一方で、「日本人、変態すぎる」と真に受けたユーザーもいたようだ。

さらに、台湾のモデルが「こんなことを考えついた奴は銃殺されるべき! ……直接殺してやりたいくらい!!」と、非難したこともあり大拡散してしまった。

・誰が言い出したんや……
噂の元になったとされているブログは2015年1月24日に投稿されたものだ。見てみると、ウンコ伝説の情報源は「現地(日本)にいる人物」となっている。さらに、話題を呼びアジアの大金持ちが、わざわざウンコを食べに訪日するとまで記されているのだ。

我々庶民は、特殊なサービスを提供する会員制クラブの実情など知る由もないが、やはりこの件は常識に考えにくい気がする……。

・定期的に話題になる「日本のウンコ料理」
実は、この「日本人は少女のウンコを好む伝説」が現れたのは、これが初めてではない。ウンコの主が15歳の乙女だったり、野菜を食べさせる期間が1カ月だったりと細かいディティールを変えつつ、定期的にどこかで話題となっているもよう。その起源は、2004年頃、中国のインターネット掲示板に誰かが投稿したものだと見られている。

今回、再び話題となったわけだが、噂の発祥となったとされている中国ネット界では、すでに「デマ」認定。台湾メディアも「真実とする証拠はない」としている。

参照元:Apple Dailybuzzhand今日新聞網(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24
この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    またチョンの成りすましか

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品