海外で秋葉原の「なでしこ寿司」が話題! 日本で女性が寿司を握ることに海外から熱い眼差しが!!

2016年1月8日 10時00分 (2016年1月9日 09時57分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代では、かつて女性が参入していなかった職業・分野でも、数多くの女性が活躍するようになった。しかし、いまだに女性の姿を見かけることが少ない職種も存在する。

その代表的な仕事に寿司職人が挙げられるが、秋葉原に職人が全員女性だという「なでしこ寿司」がオープン。海外で、「いよいよ日本で、女性が寿司を握ることになったか!」と、大きな注目を集めているのだ。

・女性の寿司職人が握る ‟なでしこ寿司”
筆者は、日本では女性の寿司職人を見たことがないが、かつて住んでいたロサンゼルスでは、数人の女寿司職人を見たことがある。しかも日本人だけではなく、アメリカ人やメキシコ人の女性が寿司を握っていたのだ。そんな訳で、海外の人からしてみたら、「やっと日本でも、女性が寿司職人の世界に参入したのか!」といった感じなのかもしれない。

そして、海外で話題となっている「なでしこ寿司」は2010年9月に秋葉原にオープンし、寿司職人はもちろんのことスタッフ全員が女性なのである!

・女性ならではのサービスが特徴!
‟オタク&カワイイ” 文化の発信地、秋葉原に店舗を構えるなでしこ寿司では、女性ならではの気配りや心遣いを目指したサービスと、築地市場から仕入れた新鮮なネタでお客様を迎えているそう。

男性に独占されていた職種にあえてチャレンジし、しかも、女性だけで店を切り盛りしているなんて最高にカッコイイ!! メニューには本格的な握り寿司コースの他に、通常の寿司屋には絶対なさそうな、可愛らしいデコ巻やデコちらし寿司も取り揃えている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)