【最高傑作】テレビ時代劇シリーズランキング

2016年2月3日 11時00分 (2016年2月10日 11時06分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【最高傑作】テレビ時代劇シリーズランキング

[拡大写真]

1月22日・29日、2週連続で人気ドラマ『大奥』(フジテレビ系)が11年ぶりに復活しました。主演が沢尻エリカ、そしてAKB48渡辺麻友の出演、さらには禁断の恋のシーンがあるなど、当初から話題になっていましたね。

時代劇には、その時代背景や文化、言葉の言い回しなど、現代劇にはない魅力がたくさんあります。そこで今回は、最高傑作だったと思うテレビの時代劇シリーズについて探ってみました。

■これこそ最高傑作と思うテレビ時代劇シリーズランキング
1位:水戸黄門
2位:暴れん坊将軍
3位:必殺仕事人
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《水戸黄門》が選ばれました。
1969年からスタートし、役者を変えながら2011年まで長年に渡って放送されてきた《水戸黄門》。水戸光圀役は初代の東野英治郎からはじまり、西村晃佐野浅夫石坂浩二里見浩太朗と、大物ぞろい!同じ役柄でありつつも、それぞれが演じる光圀が少しずつ異なることから、西村晃のときは“シティーボーイ黄門”、佐野浅夫のときは情にあふれた“泣き虫黄門”などのニックネームがついているそう。

画像:tbs.co.jp


2位には《暴れん坊将軍》がランク・イン。
1978年から2002年までの24年間に渡って愛されてきたこの作品。「ドラマを見たことがない」という人も、馬に乗って颯爽とあらわれる主人公・徳川吉宗を演じた松平健の姿は目にしたことがあるはず。当時新人の無名俳優であった松平健を起用したことで、視聴率は低迷。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)