1

ポケモンGO、あるある~ジョウト地方(金銀)のポケモン実装は嬉しいが……~

2017年3月20日 10時00分 (2017年3月24日 17時37分 更新)

ポケモンGO、あるある~ジョウト地方(金銀)のポケモン実装は嬉しいが……~

[その他の写真を見る]

春の気配が少しずつ感じられる中、外で遊ぶのが基本だったポケモンGOを冬の間休んでいた人も、暖かさゆえに再度プレイを始めようと考えているかもしれない。そんなゲームを再びプレイするという人も、この寒い冬の間もプレイした人も、読めば「そうそう」と思わず頷いてしまうポケモンGOあるあるを筆者(トレーナーレベル35。初代図鑑はなんとかコンプリート。どちらかというとバトルを楽しむ派)の体験を元に紹介したいと思う。

■ジョウト地方(金銀)のポケモン実装は嬉しいが……

ジョウト地方(金銀)のポケモンが実装され、ポケモンGOから遠ざかっていたトレーナーが再びアプリを起動するに至ったという話はよくあるが、困るのは所持できるポケモンの数に限界がある点だ。捕まえたポケモンをこまめに整理していた人は問題ないだろう。だが筆者のように放置気味だった人は、ジョウト地方のポケモンを珍しがって収集していくうちに、すぐに制限数オーバーにひっかかってしまうのだ。

見たこともないポケモンを見つけ、「あっ!」と指でタップした瞬間、「ポケモンボックスがいっぱいです!ショップで上限を増やすことができます」と出てしまうのは「あるある」だろう。

この問題はショップで「ポケモンボックスアップグレード」を手に入れることであっさり解消できる。せっせとジムに通い貯めたポケコインでふかそうちを買うつもりであった筆者も、仕方なくこれを購入したものである。……これもあるあるか!?



■おや?のトラップ

ジョウト地方の見たこともないポケモンを見つけ、「あっ!」と思い、指でタップしようとした瞬間に、前述の容量オーバーを告げる警告が出て焦った人もいるかもしれないが、「おや?」が出て焦った人も相当いるのではないだろうか。トレーナーとしては、タマゴがふかするのはもちろん嬉しい。だが目の前に見たことがないポケモンがいたら、気持ちはタマゴのふかどころではない。

できればあのふかのアニメーションをすべてスキップし、目の前のポケモンを捕えさせてくれ!と願ったトレーナーは筆者だけではないはずだ。



■タマゴの入れ忘れ

目の前に捕えたいポケモンがいる時のタマゴのふかは、トレーナーの頭を悩ますものである。だがその一方で、タマゴのふかはレアなポケモンを得るための手段でもある。その大切なタマゴのふかのために、ふかそうちにタマゴをセットする必要があるのだが……。タマゴをふかそうちに入れ忘れる――これまたポケモンGOあるあるではないだろうか。

特にタマゴがふかした前後で野生のポケモンの捕獲をしていた場合、ふかのアニメーションが終わったら即、ボールを投げるわけである。そして見事捕まえることができると、その達成感で頭がいっぱいに。結果、新たにふかそうちにタマゴをいれることもすっかり忘れてしまう……。これまたポケモンあるあるである。



■せっかくふかしたのだけど……

タマゴのふかでジョウト地方のポケモンも出てくるようになった。だが……。5キロのタマゴからネイティが2回連続でふかした時、微妙な気分になったが、そんなのは序の口だった。筆者は最近10キロのタマゴで、ミニリュウ→ミニリュウ→ウソッキー→ウソッキー→ウソッキーと、ウソッキーが3回連続でふかしてしまい、カイロスが4回連続でふかした時と同じぐらいイラッとしたものである。



皆さんもタマゴから、特に10キロのタマゴから「お、お前か……」もしくは「また、お前か……」と驚愕した経験はきっとあるはずかと思うが、いかがだろうか。

以上四つほどのあるあるを紹介したが、他にもアップデートしてからすぐに落ちる、相変わらず充電が足りなくなる、さんざん実とボールを消費して最終的に逃げられるなど、ポケモンGOのあるあるは限りない。「教えて!goo」では「ポケモンGOのあるあるを教えて!」も募集中なのでぜひチェックしてみてほしい。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    孵化装置にタマゴを入れ忘れるのはあるあるだけど 気を付ければ防げるし そんなにたいした失敗じゃないだろ。 孵化装置が使えるよ。くらいのコメントが出るような機能を付けてくれたら助かるよね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品