0

なんか変に見えるぞ?普通のビルなのに目の錯覚を感じる、錯視的アングルでとらえた世界13の建造物

2017年7月25日 14時30分 (2017年7月26日 14時04分 更新)


 アメリカ・テキサス州ダラスを拠点として活動しているセルビア人の写真家、ニコラ・オリック氏は、世界中を飛び回り、建物を撮影するべき角度を見つけようと目を光らせているのだ。

 その成果が、ともすれば実現不可能な錯視にも見える建築物の写真である。

 これらは極めて普通の建物である。だがオリック氏の手にかかると、絶妙なアングルやカットのおかげで、これらの建物がエッシャーのだまし絵のようにも見えるから不思議だ。

 いったい自分が見ているものは何なのか?思わず自分の目を疑わずにはいられなくなるだろう。

1. ビルのカットオフ (中国、シンセン)
 混雑した、多様な、ダイナミックな町シンセンの、思いがけないステキな建物。グーグルの探索を逃れて、ひっそりと佇んでいる。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

2. 青と緑の競争 (アメリカ、テキサス州ダラス)
 南ダラスのフェアパークにて。遮るもののない午後の日差しの下、各部分が注意を引く。この公園を支配するアール・デコは、1936年のテキサス州100周年記念万国博覧会のために集められたものだ。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

3. スパゲッティ・ビルディング (日本、東京)
 都市の中の都市、東京に似た街はない。「トウキョウ」として知られる小さな街それぞれに、中心と歴史、ビジュアルと建築がある。世界大戦による破壊からの復興を祝う活き活きした建築物で有名だ。東京の複雑な道を探している途中でも、このようなすごいビジュアルに出会えることを忘れてはならない。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

4. スカイ・ビルディング (アメリカ、カリフォルニア州ロングビーチ)
 太平洋とオーシャン・ブールバールに挟まれたバンク・オブ・アメリカの建物には、やはり青い外見が期待される。日除けの下をゆっくり歩いて通れば、カリフォルニアの青い空が建物正面のディスプレイとつながって見える。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

5. 地中海のタンク (スペイン、バルセロナ)
 地中海が2台のシャワーによって完全に固定されている。
 バルセロナのビーチにて。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

6. 壁間を読む (アメリカ、ニューヨーク)
 ガラスとコンクリートのモダンな建物一対が、
 通りの反対側のビルを「引用」している。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

7. スポットライトの外壁 (アメリカ、ニューヨーク)
 モダンなビルに太陽光と反射光。舞台のスポットライトを思い起こさせる。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

8. 地下鉄のカーブ (アメリカ、ニューヨーク)
 ダウンタウンの地下鉄駅の天井。ニューヨークの地上へ向けて歩き出す人々に、あたたかい歓迎とすばらしいスタートを。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

9. 割り込まれたビル (アメリカ、ニューヨーク)
 9.11メモリアルを映す近隣のビル、
 そして印象的なワールド・トレード・センター駅。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

10. グラウンド・ゼロ、バランス (アメリカ、ニューヨーク)
 ワールド・トレード・センター駅の大きな白い翼が、
 光と影、空と建物、旧と新、重と軽の厳粛なバランスを保っている。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

11. 映し出されたビル (アメリカ、テキサス州ダラス)
 ニュー・パークランド病院の建物は、
 外壁の鋭い傾斜で周囲の建物を圧倒し、また映し出す。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

12. 煙突ビル
 煙を立ち上らせるビル。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

13. 反射 (アメリカ、イリノイ州シカゴ)
 ある特別な場所、特別な角度から撮影した有名な「ザ・ビーン」に映るシカゴは、方向感覚を狂わせる。
[画像を見る]
imege credit: Nikola Olic

 オリック氏の写真は、インスタグラムフェイスブックでも見ることができる。

 また、氏のウェブサイトに掲載されている写真には撮影場所の地図が付いているので、近くを通りかかることがあったら、立ち寄ってみるのもいいかもしれない。

via: SPLOID / structure/photography など / translated by K.Y.K. / edited by parumo

記事全文はこちら:なんか変に見えるぞ?普通のビルなのに目の錯覚を感じる、錯視的アングルでとらえた世界13の建造物 http://karapaia.com/archives/52242825.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品