世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年6月24日

ゲーマーは知覚的な干渉を防御し、学習能力が強化されることが判明(アメリカ研究)

このエントリーをはてなブックマークに追加


 テレビゲーム取り巻く研究は賛否両論入り乱れ、物議をかもすことが多いが、最近の研究によれば、ゲーマーの知覚力は、学習能力に好影響を与えているらしい。

 米ブラウン大学認識知覚学習研究所(Laboratory for Cognitive and Perceptual Learning)の研究者が発表した論文では、定期的にテレビゲームで遊ぶ人は優れた(視覚的)知覚学習者であり、知覚的な邪魔に対しても強く、安定的かつ長期的な学習を行っている可能性があるという。

 こうした研究結果はいくつもある。近年テレビゲームは心理学においては人気の主題だった。それらによれば、”ゲーマー”たちは非ゲーマーよりも知覚能力や注意能力が高い。例えば、ゲーマーは、複数の気を散らす刺激を容易に識別し、注意範囲を拡大することができる。

 今回の論文では、テレビゲーム研究に新たな切り口で挑んでいる。とりわけ、ゲーマーの強化された注意能力は知覚的干渉や障害に強いのか、仮にそうなら、それは長期的な知覚学習を向上させるのか、という問いが主要なテーマだった。

[画像を見る]

 研究チームは、9名のゲーマー(週に5時間以上ゲームをプレイする人)と9名の非ゲーマー(週に1時間以下)を集め、2セッションの作業識別作業(TDT/Task Discrimination Task)に参加してもらった。この作業は、画面上に表示される一連のターゲットの方位を当てるものだ。

注目の商品