世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月14日

大きくてもネコ科。香箱座りをたしなむトラの姿に世界がうっとり

このエントリーをはてなブックマークに追加


 海外掲示板redditに猫によくみられる座法、「香箱座り」をたしなんでらっしゃるトラの画像が話題を呼んでいた。この座り方、海外では食パンの塊に似ていることから「キャットローフ(catloaf)」と呼ばれている。

 イエネコの香箱座りはかわいいものだが、そこはトラ。怒ってらっしゃるような表情をしながらいつでも移動できるように前脚は体内に収納することはないようだ。

[画像を見る]

 香箱座りは猫の座法の一種で、腹を地面につけはいつくばっている形のことを言う。ただし「前脚を胸毛の奥(内側)へ折り曲げている場合のみ」を定義対象とする説もあるそうが、ここはおおざっぱな意味の香箱座りとさせていただいている。

 この写真に対し様々な意見が飛び交っていた。

talon010:
なんか肩が人間みたいだね。

bakemonosan:
俺のガリガリの腕には似てないぞ。

cmander_7688:
毛のないチンパンジーのゴツさはやばい。
[画像を見る]

Clavo_PR:
腕立て伏せしてる人間じゃん!

brown magician:
そりゃムキムキよ。なんたってプロテインを生で食ってるからな!

Enigma4hire:
豆知識だけど、トラの瞳孔は唯一猫の仲間で丸くて人間に似てることから、昔はトラは英雄や不死身の人間の成れの果ての姿と信じられていたらしいよ。

Logi_Ca1:
カンガルーもゴリゴリだよな。
[画像を見る]

LadyKlaymoor:
うちの猫もそうやって座る。

注目の商品