世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月15日
0

CERNの素粒子加速器の上空に異常現象、さらにはUFOが出現するだとぅ?



 この驚くべき動画は、昨年12月、スイスのジュネーヴ近くで撮影されたものだ。空の一部が渦状に歪むような非常に奇妙な現象が起きている。そして今度は地上側からUFOが現れ、渦を巻いている渦中に消えてゆくように見える驚くべき瞬間が映し出されている。

[動画を見る]
UFO entering Interdimensional Portal over Geneva SWITZERLAND - Dec 2015 !!!

 この不可解な現象とUFOが同時に現れたのは、スイスのジュネーブ郊外にあるCERN(欧州原子核研究機構)が建設した大型ハドロン衝突加速器(LHC)の上空である。周辺の雲が、まるで何か強大な見えざる力に引っ張られるようにして、一緒に渦を巻いている。

[画像を見る]

 渦を巻きながら流れる水のように雲が回転していると、画面の下から小さな飛行物が出現する。地球上の飛行機のどれよりも速く、その発光体は渦にまっすぐ向かい、突如として消えてしまう。

[画像を見る]

 LHCは全周27kmの環状トンネルで加速した陽子を衝突させ、その高エネルギー反応を研究する物理実験設備で、新粒子発見や暗黒物質の解明のほか、時空を超える次元、微小ブラックホールの探求も可能と言われている。

 こうした事実から、UFOが別次元に入ったと考える人もいるようだ。一方で、てかいつものCGだろ?とまったく意に介さない人もいる。

[画像を見る]

 真相は定かでないが、リアル世界で起きたシュタインズ・ゲートみたいでオラちょっと、わくわくしてきたぞ。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品