世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月23日

「最初の妻はすぐに亡くなるだろう」占い師にそう告げられた7歳の少年が犬と結婚することに(インド)

このエントリーをはてなブックマークに追加


 地球上ではまだ、占いや魔術の類を信じている人がいる。インド東部にあるマニクバザールという小さな村では、占い師の力が絶大で、人々はそのお告げに従って暮らしているという。

 7歳の少年、ムケシュ・ケライ君は、占い師に「最初の妻は若くして死ぬ」と告げられた。こういったお告げは割とよくあるようで、そんな時、野良犬を最初の妻として迎え入れることで、本当に迎え入れる人間の妻が早死にするのを避けるという風習が昔からこの村に伝えられている。

 ということでケライ君も、野良犬と結婚することとなったのだ。

[動画を見る]
Boy aged 7 forced to marry stray DOG in religious ceremony

 7歳の少年が結婚とか、ちょっと日本じゃ考えられない事態なわけだが、この村では将来起こりうる悲劇を避ける為に最善の方法として野良犬のメスと結婚させるのが習わしとなっているのである。

 それもいい加減にやっては効果がない。盛大に結婚式を執り行うことが大事なのだ。野良犬にはあつらえたウエディングドレスが着せられ、村の人たちも祝福のダンスを踊る。

[画像を見る]

 ケライ君のおじいさんはこう話している。「結婚に関する悪い予言が発せられた時、この村では野良犬と盛大に結婚式をあげることで身を守ることができた。これは伝統的な習慣であり、大人たちの責任でもある。」

[画像を見る]

 インド政府はこういっった迷信は誤りであると指導しているそうだが一向に効果がないという。ちなみにケライ君の最初の妻となった犬は、結婚式のあとは再び野良犬に戻ったそうだ。ある意味野良犬さんが一番の被害者なのかもしれない。

via:mirror.

【「最初の妻はすぐに亡くなるだろう」占い師にそう告げられた7歳の少年が犬と結婚することに(インド)】を全て見る

注目の商品