世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月1日

知る人ぞ知る恐怖の犯罪者、「ジャージーの獣」の異名をもつエドワード・パイスネルが使用していた自家製のゴムマスク(ホラー注意)

このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヤバすぎる凶悪犯と言ったら誰を思い浮かべるだろうか。アンドレイ・チカチーロ、ジェフリー・ダーマー、テッド・バンディなど多々あれど、知る人ぞ知る、エドワード・パイスネルもその1人と言えるだろう。

 イギリス、ジャージーの小さな島を恐怖に陥れた「ジャージーの獣」の異名を持つエドワード・パイスネルは、1960年から11年間もの間、次々と家屋に忍び込んでは女性や子供に暴行を加え続けた。だが、殺人は一度も犯していないという。

 彼が特徴的だったのは、犯行のときに必ず着用するというお手製のゴム製のマスクである。そのいでたちが不気味であり、釘のついたブレスレットを愛用しており、サンタクロースのコスチュームを着ていたこともあったという。

 パイスネルは車の盗難の容疑で、警察官に車内にあったコスチュームが見つかったことで逮捕となった。1971年にパイスネルは13の障害暴行により30年の刑に処されたが、1994年に獄内で死亡した。

[画像を見る]

 これらはパイスネルが実際に着用していたというマスクである。
[画像を見る]

 海外掲示板redditではこんな反応が

aquamanspetfish:
覆面が怖すぎる。

JarkAttack:
最後に殺した人の顔をかぶってるみたいに見える。

zeddedish:
wikipediaみると、誰も殺してはないみたいだね。本当にそう見えるけど。

omac092627:
11年もこんなのが続いてたのかよ。

注目の商品